メンズ

うつ病の再発を防ぐための方法を知っておこう

うつ病のステージ

悩む人

うつ病の状態にはいくつかのステージが存在しています。このステージを知っておくことで実際に自分がうつ病になってしまった場合や家族がうつ病になってしまった場合に病状を理解しやすくなるでしょう。うつ病を含む様々な病気は早期発見と、早期治療が望ましいとされています。これは病気の進行を進めないことを目的にしていますが、一方で薬の効果を薄れさせないためでもあるとされています。うつ病に使用する薬は神経系に作用する薬になるのでなるべくは長期的な使用を避けたいとされています。また長引けば治療に掛かる費用も負担になってしまうのでそうした部分も踏まえて早期治療がベストなのです。

うつ病治療で早期の治療と言えるステージは前駆期と呼ばれるステージになります。前駆期はうつ病になりかけの状態になっており、ストレスを感じやすく、疲れやすい状態です。この状態では日常生活の当たり前の行動ですら不安に感じてしまい、イライラや不安が募ってしまいます。前駆期の特徴としてこのような症状が自覚症状に表れてしまうのですが、本人は気づかず生活していることが多いため周囲の方々が様子の変化に気づく必要があるのです。前駆期で治療を行なえば治療速度も早く、快適な生活に戻ることが出来るようになりますが、前駆期を過ぎて症状が悪化すると治療にかかる時間も長くなってしまうのです。

前駆期を過ぎたステージは極期と呼ばれています。この極期では自他共にうつ病の症状がはっきりと表れてくるので気づきやすいです。また極期がうつ病のステージで深刻な状況と言えるため、気づいた場合にはすぐに治療を始めるようにしましょう。やる気の喪失、食欲低下、極端なコミュニケーションの回数低下などが顕著になるので肉体的にも危険な状況と言えます。メンタルヘルスクリニックなどではこの極期に対して投薬による治療とカウンセリングや身内の方の患者に対するサポート方法を教えるなどの取り組みを行ない、治療を行なっています。極期が過ぎるとうつ病の症状も治まっていき、顔色もいつもの調子に戻ってきます。このステージは回復期と呼ばれるステージで、一見、よくなってきているように見えるので安心する身内の方が多いのですが、このステージは症状が著しく出ていた極期に比べて自らの命を絶とうとする傾向が強いとされているので最も注意すべきステージになります。うつ病にこうしたステージがあることを理解しておくことは、大切な人を守るためにも重要になるのです。