メンズ

うつ病の再発を防ぐための方法を知っておこう

うつ病の原因を知ろう

看護師

うつ病は子供から大人まで年齢を問わず発症する病気として悪名高い病気として有名です。また、このうつ病を引き起こす原因も明確には解明されておらず、神経の伝達物質と心身の疲労が関係しているという曖昧な部分だけわかっています。うつ病の治療には長い時間が必要になり、きちんとした治療を心療内科やメンタルヘルスなどで行なう必要があるのです。完治したあとも何度か病院に通い、定期的な検診を受けることが望ましいとされるうつ病がどのような理由で発症するか調べてみましょう。うつ病の発症には大きく分けて3つの要因があるとされています。遺伝的要因、環境要因、身体的要因の3つで遺伝的要因に関してははっきりとした結果は得られていません。しかし残る2つの要因に関しては、神経伝達物質の異常と同様に少しづつ明確になってきているのです。

環境要因とは、育った環境や今現在の環境のことを差しており、対象者である周囲の環境状況がどのように影響するのかといった部分になります。例としては幼少期に起きた厳しい出来事や親しい人や身内との別れ、人間関係のトラブル、転職や退職などの環境が一変する時が要因とされています。環境が変わることによってストレスが加わり、それに耐えきれず神経が異常を起こすことによってうつ病が起きるのではないかと専門家の間で議論されていました。もし環境の変化で少しでもストレスを感じるようであれば、メンタルヘルスクリニックなどの無料カウンセリングを利用してみるといいでしょう。無料で受けれるカウンセリングなので気軽に行なう事が出来ますよ。

うつ病を引き起こすもう一つの要因として身体的要因があります。環境の変化などとは違い、肉体的に疲労が蓄積されることによって起こると考えられています。また疲労以外にも脳血管障害や感染症、がんや甲状腺機能に何かしらの問題が起きた時にもうつ病が発症してしまう可能性があるのです。病気が病気を呼んでしまうこともあるので普段から体にはしっかりと休養を与えるようにしましょう。しっかりと休養を取り、ストレスをなるべく抱え込まないようにすればうつ病のリスクもかなり下がってきます。最近では企業でもストレス診断や専門医による定期カウンセリングが行なわれている場合もあるので、こうしたものに積極的に参加するのもいいですね。