心を蝕む危険なうつ病

うつ病の再発を防ぐための方法を知っておこう

うつ病の原因を知ろう

看護師

うつ病にはいくつかの原因があります。家庭環境であったり、幼少期のトラウマなどの精神的な問題が関係することもあれば慢性的な疲労による肉体的な問題も関係してくるのです。

Read

うつ病を脱出するには

葉っぱ

うつ病に掛かった場合、どのようにこの病気から脱出したらいいのかを考えてみましょう。うつ病に対して行われている治療や対策を知ることで早めにうつ病から抜け出せるようになりますよ。

Read

うつ病のステージ

悩む人

うつ病には病気の進行を表すステージが存在しています。ステージの進行が進むにつれ、症状が悪化していき重症化に繫がるのです。早期発見と治療がうつ病の対策には欠かせません。

Read

うつ病の対策

カウンセリング

うつ病を患ってしまった場合、どのような対処を行なえばいいいのでしょうか。これは自分自身がなってしまった場合と身内や近くの方でなってしまった場合とでは対処の仕方も異なってきます。

Read

うつ病とは何か

医者

うつ病は気分が落ち込んだり、判断力や思考能力が鈍ったりします。また意欲が沸かなくなり何に対してもやる気が出ないという症状も表れるのです。自分でどうにも出来ないのがうつ病の特徴になるので、周りのサポートが必要不可欠と言ってもいいですね。また周囲でうつ病を患っている方がいたとしても煙たがらずにきちんと理解してあげるように心がけましょう。その方も好きでうつ病になった訳ではないので、責め立てたりすることはくれぐれもしないようにして下さい。うつ病の治療は心療内科で行なうことができますが、最近では外来の名前ももっと親しみを持ってもらうためにメンタルヘルスクリニックや他の名前で営業している病院がいくつもあります。うつ病の治療には投薬やカウンセリング、自宅療法などいくつかあります。どの治療もきちんと継続して行なえば治る病気なので焦らずに治療していきましょう。

また、うつ病の再発を防止するために行なう治療法も知っておくことも重要です。うつ病は再発のしやすい病気になっているので油断が出来ません。しかし再発してしまうのではないか、と不安を抱えるのではなく、定期的に通院してカウンセリングを受けたり気になることを心療内科の先生に相談することが望ましいとされています。万が一再発してしまっても気を落とさず、早期治療でしっかりと治しましょう。うつ病の再発防止でもう一つ心療内科側で取り組まれている施策として不眠治療があります。不眠とうつ病は密接な関係になっているため、うつ病が完治した後再発させないように不眠にも気を使っています。不安感、ドキドキ、疎外感、などを抱えておくと不眠になりやすいとされているのでなるべく心のモヤモヤを解消させるようにしましょう。些細なことでも積み重なっていくと負担になるので何かあれば担当医や身内に打ち明けるといいですね。再発防止で一般的に行われている治療としては維持療法がありますが、維持療法の場合だと基本的に1年から2年ほどの治療期間を要します。段階的に薬の量を減らしていく治療になるのですが、担当医に相談すれば薬を止めることも出来ますし増やすことも可能になります。難しいとは思いますが自分の判断と先生の判断を照らし合わせて考慮していくようにすれば、うつ病の再発を防ぐことが出来るようになるでしょう。